Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒメシャジン

ヒメシャジン (姫沙参)
Adenphora nikoensis
 この年の8月上旬、10年ぶりに山の鼻から高天原経由で至仏山に登りました。このコースは登りはじめの急登をすぎると、まもなく針葉樹林帯をぬけ、あとは岩場や砂礫地の続く見晴らしのよい道となります。背後に広がる尾瀬ヶ原をときどきふりかえりながら進んでいくと、蛇紋岩のすきまに咲くヒメシャジンが目に入りました。ヒメシャジンは本州中部から東北地方にかけての亜高山帯の岩場に分布し、至仏山では8月いっぱい、小至仏山−至仏山間の稜線や高天原などでみることができます。
■撮影地別
 ○群馬県至仏山
 ○長野県高峰高原

■クローズアップ

群落
1998.8.8 群馬県至仏山
             2007.8.4 長野県高峰高原
Before Plant   Next Plant 表紙によせて「ヒメシャジン」