Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > シロバナツリガネニンジン

シロバナツリガネニンジン
(白花釣鐘人参)
Adenophora triphylla var.japonica f.leucantha
 ツリガネニンジンは海岸から高山までの幅広い環境に生え、おまけに個体数も多いので、わりあいに白花を見ることが多い種類です。天狗高原は愛媛県と高知県の境に位置し、牛の放牧と石灰岩が点在する四国カルストで知られますが、この年、ヒメユリハンカイソウを目当てに出向いたところ、ツリガネニンジンが多く咲き乱れ、そのなかに風にゆれるシロバナツリガネニンジンも見つかりました。花だけでなく、葉や茎からも紫色がぬけているので、全体に明るいふんいきでした。
■撮影地別
 ○高知県天狗高原


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.8.7 高知県天狗高原