Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オオアレチノギク

オオアレチノギク (大荒地野菊)
Conyza sumatrensis
 オオアレチノギクの頭花は直径3〜4mmとヒメムカシヨモギアレチノギクの中間で、白い舌状花は総苞にかくれてアレチノギクほどはっきりしません。アレチノギクと同様、南アメリカ原産の帰化植物で、夏から秋にかけて花をつけます。草丈は高いものでは2mちかくになりますが、12月初め、自宅近くの空地でやや遅めの花をつけていた個体はどれも1mほどでした。「野菊」と名はつきますが、リュウノウギクノコンギクのような花を連想してしまうと、実物を見たときがっかりしてしまいます。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2003.12.2 神奈川県鎌倉市