Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ミヤマヒゴタイ

ミヤマヒゴタイ (深山平江帯)
Saussurea triptera var. major
 ミヤマヒゴタイは、ヤハズヒゴタイタカネヒゴタイと同一種内の別変種で、草丈はこれらの両変種のちょうど中間、頭花の数はヤハズヒゴタイにくらべると1〜数個と少なく、そのかわり頭花のサイズは大きめです。主な生育環境は亜高山帯の林縁や草地で、高山の稜線に生えるタカネヒゴタイより低く、ヤハズヒゴタイよりやや高いところに生えます。夜叉神峠から鳳凰三山を登る途中、山火事のあとにできた草地ではミヤマヒゴタイをはじめ、ヤマハハコオヤマリンドウなど秋の花が満開となっていました。
■撮影地別
 ○山梨県鳳凰三山


クローズアップ

■群落
2006.9.8 山梨県鳳凰三山
            2006.9.8 山梨県鳳凰三山
Before Plant   Next Plant