Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヤハズヒゴタイ

ヤハズヒゴタイ (矢筈平江帯)
Saussurea triptera var. triptera
 トウヒレン属は、近縁のアザミ属の植物がすべて「アザミ」とついてわかりやすいのに対し、「トウヒレン」のほか「ヒゴタイ」「アザミ」とつく植物も多く、おまけに同一種内でもヤハズヒゴタイとシラネアザミのように名前のつけ方が異なるものもあって、混乱をきわめています。ヤハズヒゴタイは富士山や南アルプスに多いトウヒレンで、山地から亜高山帯にかけての草地や林縁に生えます。この日の北岳では、八本場のコルから下って大樺沢の源流部に着いたところでまとまって咲いているのを見かけました。
■撮影地別
 ○山梨県北岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2003.9.11 山梨県北岳