Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > マツムシソウ

マツムシソウ (松虫草)
Scabiosa japonica
 8月下旬、本州中部の高原は秋の気配がただよいはじめ、ヤマハハコアキノキリンソウなど初秋の花が咲きだします。マツムシソウもこの時期に咲く植物の一つで、大きな藤色の頭花は秋の高原ではひときわ目立ちます。マツムシソウの仲間の本拠は地中海沿岸で、この地方原産のセイヨウマツムシソウは園芸化されて「スカビオサ」の名で花屋で売られています。マツムシソウの頭花はこれより小さめですが、群生すると一面に花束をしきつめたようになり、けっして引けをとるものではありません。
■撮影地別
 ○長野県霧ヶ峰
 ○山梨県甲州市
 ○長野県八子ヶ峰

クローズアップ

群落
2007.9.14 長野県霧ヶ峰
             2011.9.11 山梨県甲州市
Before Plant   Next Plant 1995.8.11 長野県八子ヶ峰