Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ミゾカクシ

ミゾカクシ (溝隠)
Lobelia chinensis
 ミゾカクシは、その名のとおり水田の溝など、適湿な環境に生える植物です。その名は溝を隠すように広がることからつきました。花は下向きについた花冠の裂片と、その上に飛び出した雄蕊が合着して雌蕊と一体になったものからなっており、同じキキョウ科のキキョウの花のつくりとは大きく異なっています。自宅近くの休耕田では、毎年夏になると、ミゾカクシが一面に花をつけているようすをみることができます。この花の色は、図鑑では淡紫紅色となっていますが、ここで見られるのは白い花ばかりでした。
■撮影地別
 ○石川県金沢市
 ○神奈川県横浜市

クローズアップ

群落
2002.6.29 石川県金沢市
          2005.7.23 神奈川県横浜市 2001.7.16 石川県金沢市
Before Plant   Next Plant