Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > コメバツガザクラ

コメバツガザクラ (米葉栂桜)
Arcterica nama
 コメバツガザクラが生えるのは高山の砂礫地で、草も生えて湿りけがあるようなところです。長さ1cmたらずの小さな葉は、よく見ると3つずつ輪生していて、他のツツジ科の常緑矮性低木にはない特徴となっています。「ツガザクラ」と名はつきますが、ツガザクラ属ではなく、日本では1種だけのコメバツガザクラ属に分類されます。壺形の花はアオノツガザクラよりもさらに小さく、その2/3ほどの大きさで、数個がまとまってついています。白い花と赤っぽい萼がよい色のとりあわせとなっています。
■撮影地別
 ○岩手県早池峰山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1997.6.14 岩手県早池峰山