Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > コヒナリンドウ

コヒナリンドウ (小雛竜胆)
Gentiana laeviuscula
 コヒナリンドウは日光の女峰山、南アルプス、白山に分布する日本固有のリンドウです。花の直径は5mmほどとコケリンドウより小さく、日本でもっとも小型の種類でしょう。まだ芽吹いていない枯草色の高山の草地で、人知れず花を咲かせます。「レッドデータプランツ」(山と渓谷社)には、花が1つだけのものは直立し、2つ以上になると花は腋生して横向きにつくとありますが、現地で観察するとたしかにそのとおりでした。株元の大きな根生葉が特徴ですが、小型のものには見あたらないものもありました。
■撮影地別
 ○長野県


クローズアップ

■群落
2010.6.6 長野県
                  2010.6.6 長野県
Before Plant   Next Plant