Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > リンドウ

リンドウ (竜胆)
Gentiana scabra var. buergeri
 リンドウは秋の野山で目につく植物の一つです。どちらかというと明るい開けた場所に多いらしく、林道の法面をはじめ、海岸近くの草地や山頂の風衝地などでも見かけます。リンドウをあしらった家紋「笹竜胆」は、ササとリンドウを組みあわせたものではなく、細長い葉を持つリンドウを「ササリンドウ」とも呼ぶことからついたといいます。わたしが住む鎌倉市は、鎌倉幕府を樹立した源頼朝の家紋が笹竜胆とされることから、これを市章とするとともに、リンドウを市の花に定めています。
■撮影地別
 ○石川県金沢市
 ○神奈川県横須賀市

クローズアップ

■群落
    2001.9.29 石川県金沢市
         2000.11.12 神奈川県横須賀市
Before Plant   Next Plant