Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > カイジンドウ

カイジンドウ (甲斐竜胆)
Ajuga ciliata var. villosior
 キランソウ属にはカイジンドウやケブカツルカコソウなど、山地の草原に生えるものがいくつか知られています。カイジンドウは、高さや花のサイズこそヒイラギソウと同じくらいですが、花はヒイラギソウより薄めの色で、密につきません。葉もヒイラギソウほど切れこまないので、全体にやさしい印象を受けます。北海道〜九州と分布は広いものの数は少なく、甲斐国に生えてリンドウに似ることから「甲斐竜胆」、それがなまってこの名前になったともいいますが、いささか強引なように思います。
■撮影地別
 ○長野県霧ヶ峰


クローズアップ

■群落
2014.6.15 長野県霧ヶ峰
             2014.6.15 長野県霧ヶ峰
Before Plant   Next Plant