Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > カイタカラコウ

カイタカラコウ (甲斐宝香)
Ligularia kaialpina
 八ヶ岳や南アルプスの北岳の沢ぞいのルートを歩くと、山から水が流れ落ちてくるところで黄色い花をつけたカイタカラコウを見ることができます。オタカラコウより草丈は低く、メタカラコウと同じくらいですが、両種のように花序は総状にならず、頭花が横に並んだ散房状に花をつけるため、マルバダケブキに近縁とされます。北岳では登山道から離れて群生していることが多いのですが、八ヶ岳では登山道ぞいでもよく目にします。分布域は意外と狭く、東北地方南部から中部地方までに限られます。
■撮影地別
 ○長野県八ヶ岳


クローズアップ

■群落
2006.8.1 長野県八ヶ岳
               2006.8.1 長野県八ヶ岳
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「カイタカラコウ」