Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > マルバダケブキ

マルバダケブキ (丸葉岳蕗)
Ligularia dentata
 マルバダケブキは亜高山帯の草地や林縁に生える大型の草本です。全体に大きなつくりで、高く伸ばした花茎の先には直径8cmほどの大型の頭花が数個つきます。また、フキによく似たかたちの葉も人の顔ぐらいの大きさがあります。
 8月中旬、八方尾根ではダケカンバの樹林下で群生しているマルバダケブキを見つけ、花のアップをカメラにおさめました。次の日の朝、小雨の降る霧ヶ峰を散策していると、今度はマルバダケブキはさえぎるもののない明るい草地に咲いていました。
■撮影地別
 ○長野県霧ヶ峰
 ○長野県八方尾根

クローズアップ

■群落
2003.8.17 長野県霧ヶ峰
             2003.8.16 長野県八方尾根
Before Plant   Next Plant