Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > イワムラサキ

イワムラサキ (岩紫)
Hackelia deflexa
 ムラサキ科は花のかたちこそどれも似たようなものですが、よく知られている種類とそうでないものの差が大きく、ムラサキキュウリグサが前者とすれば、後者の代表がイワムラサキで、植物図鑑にもあまり載っていない種類です。長野県に固有の1〜2年草で、花のサイズは3〜5mmとミズタビラコと同じくらいです。山地の岩場に生え、県内の数ヶ所から知られていますが、どこでも数は少なく、年によって増減もあるらしく、この写真を撮った岩棚の先端で花をつけているものは2株だけでした。
■撮影地別
 ○長野県


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2014.6.15 長野県