Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > エゾムラサキ

エゾムラサキ (蝦夷紫) Myosotis sylvatica
 尾瀬沼畔の長蔵小屋付近は、テント場や山小屋、ビジターセンターといった施設があるほか、尾瀬沼の周囲で最も大きな湿原である大江湿原も近いことから、ハイカーたちの尾瀬沼の拠点となっているところです。この日、尾瀬ヶ原から尾瀬沼に移動し、荷物をテント場において長蔵小屋の周辺を散策していると、エゾムラサキが針葉樹林の下で群生しているのを見つけました。園芸植物のワスレナグサに近縁で、花のようすは似ていますが、草丈はワスレナグサよりもずっと高くなります。 ■撮影地別
 ○福島県尾瀬沼
 ○福島県尾瀬ヶ原

クローズアップ

■群落
1993.6.14 福島県尾瀬沼
 
             2015.6.14 福島県尾瀬ヶ原
Before Plant   Next Plant