Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ホシアサガオ

ホシアサガオ (星朝顔)
Ipomoea triloba
 川岸は水で運ばれた種子が定着しやすいのか、帰化植物がとりわけ多く見られるエリアといえます。自宅近くの柏尾川でも、春はオランダガラシムラサキツメクサが多く咲き、秋にはセイタカアワダチソウオオアレチノギクが繁茂します。この日、遠くに紅紫色の花が咲いているのに気づき、オシロイバナかと思って近づくと、ホシアサガオとわかりました。これも帰化種で北アメリカ原産とされます。花の大きさこそ、1.5cmほどと同じくらいですが、ホシアサガオはつる植物で、まったくの勘違いでした。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


クローズアップ

■群落
2008.9.21 神奈川県鎌倉市
           2008.9.21 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant