Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > マメアサガオ

マメアサガオ (豆朝顔)
Ipomoea triloba
 河口近くの砂州を散策していると、マメアサガオが残り花をつけているのが目に入りました。本来の花期は7〜9月ですが、このときはすでに果実をたくさんつけながらも、最後の花を秋空に向かって大きく開いていました。花の直径は2cmほど、やはり帰化種のホシアサガオに似るものの、花の色はふつう白く、ホシアサガオのように中心部の色は濃くなりません。写真に写っている葉は、くたびれぎみで小さいものばかりですが、長さ5〜10cmになり、スペード型のほか、縁が浅く切れこむ場合もあります。
■撮影地別
 ○山口県山口市


クローズアップ

■群落
2008.11.16 山口県山口市
            2008.11.16 山口県山口市
Before Plant   Next Plant