Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒメナミキ

ヒメナミキ (姫波来)
Scutellaria dependens
 ヒメナミキはタツナミソウの仲間としては変わりダネで、この仲間の多くは春〜初夏に花をつけるのですが、ヒメナミキが咲きはじめるのは夏になってからです。また、タツナミソウでは、茎の先端に花がたくさん集まった花序をつけるのに対し、ヒメナミキの場合はナミキソウや、属はちがいますが、やはり湿地に生えるヒメシロネと同じく、葉のつけねに花をつけるという特徴もあります。名前のとおり、ナミキソウにくらべると花はずっと小さく、長さは1cmたらずしかありません。
■撮影地別
 ○福島県尾瀬ヶ原


クローズアップ

■群落
2007.8.5 福島県尾瀬ヶ原
             2007.8.5 福島県尾瀬ヶ原
Before Plant   Next Plant