Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > タツナミソウ

タツナミソウ (立浪草)
Scutellaria indica 
 私の自宅のすぐ近くにある野田山墓地は、加賀藩主前田家歴代の墓があることで知られていますが、丘陵の一部を開いて造成されただけに、今でもさまざまな植物を見ることができます。休日の午後、散歩がてらでかけた野田山墓地の路傍では、ニガナなどとともに、タツナミソウが群生していました。
 タツナミソウは、スミレ類やアネモネの仲間など春一番の花が終わったころ、明るい林床や草原などで花を咲かせます。花がいくつも同じ向きに咲くようすを波にたとえてその名がつきました。
■撮影地別
 ○石川県金沢市
 ○東京都町田市

クローズアップ

■群落
2002.5.19 石川県金沢市
2016.4.30 東京都町田市
Before Plant   Next Plant