Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒゴシオン

ヒゴシオン (肥後紫苑)
Aster maackii
 ヒゴシオンは山地の湿地に生えるアスターで、国内では九州だけから知られるまれな種類ですが、朝鮮半島から中国東北部、ロシア沿海地方に広く分布し、「日本の野菊」(山と渓谷社)によれば、ロシア沿海地方ではふつうに生えるそうです。シオンと名にはつくものの、ふんいきはかなり異なり、高さはぐっと低いかわりに、直径4cmもある大きな頭花が特徴で、写真では再現しにくいのですが、すきとおった青紫色です。阿蘇では牧草地周辺の湿地に生えますが、環境悪化で減少傾向にあります。
■撮影地別
 ○熊本県


クローズアップ

■群落
2014.9.30 熊本県
                  2014.9.30 熊本県
Before Plant   Next Plant 表紙によせて「ヒゴシオン」