Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハナイバナ

ハナイバナ (葉内花)
Bothriospermum tenellum
 ハナイバナはキュウリグサによく似ていますが、花の中心部は白っぽくてキュウリグサのように黄色くはならず、花の数も少ないので、より地味な印象です。花のかたちこそワスレナグサやエゾムラサキに似ていますが、こんなに小さくては、花が咲いていることすらなかなか気づいてもらえません。名前の由来に心当たりがなく、調べてみたところ、葉と葉の間に花がつくように見えることから「葉内花」とついたそうです。金沢市内の休耕田では、植えたように間隔をおいてハナイバナが生えていました。
■撮影地別
 ○石川県金沢市
 ○神奈川県鎌倉市

クローズアップ

■群落
2001.9.23 石川県金沢市
          2004.4.18 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant