Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > スズムシソウ

スズムシソウ (鈴虫草)
Liparis makinoana
 クモキリソウ属はラン科の中でもおもしろい造形の花をつけるものが多く、それを反映してか、名前もクモキリソウやジガバチソウなど変わったものが目白押しです。スズムシソウの名前が長さ12〜16mmもある大きな唇弁をスズムシに例えたものであることは、実物を見れば「なるほど」と納得できるでしょう。ところがこのような特徴がわざわいしてか、なかなか山で目にするチャンスはありません。写真のスズムシソウもほとんど偶然に見つけたもの、さすがに北海道は自然が豊かなところと実感しました。
■撮影地別
 ○北海道
 ○山梨県

クローズアップ

■群落
2008.5.25 北海道
           2011.6.5 山梨県
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「スズムシソウ」