Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 >サカネラン

サカネラン (逆根蘭)
Neottia nidus-avis var. mandshurica
 深山は意外と従属栄養性のランの種類が多いところで、花期が5〜6月のものであれば、サカネランをはじめ、オニノヤガラヒメムヨウランなどの名前が挙がります。不思議なことに、たくさんの花をつけることはどれも共通していますが、なかでもサカネランの花の数はとりわけ多いのが特徴です。高さ20〜40cmとオニノヤガラより小型で、まとまってニョキニョキ生えることは少なく、落葉樹林下の枯葉のあいだからポツポツと花茎をのばします。その名は根が上向きにつくことによるといいます。
■撮影地別
 ○山梨県


クローズアップ

■群落
2011.6.5 山梨県
              2011.6.5 山梨県
Before Plant   Next Plant