Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > オオバユキザサ

オオバユキザサ (大葉雪笹)
Smilacina viridiflora
 カヤノ平のキャンプ場から北ドブ湿原へと向かう散策路は、ブナの大木がどこまでも続く原生林の中を進みます。ブナの若葉のすきまからもれるやわらかな緑色の日差しを受けて、林床ではエゾノヨツバムグラギンリョウソウが咲いていました。オオバユキザサは近縁のユキザサにくらべるとずっと大きく、高さ50cmあまりになります。茎は直立せず弓なりにしなって葉をつけ、6月ごろ、その先端に穂状に花を咲かせます。弓なりの草姿はユリ科に多く、アマドコロチゴユリなどほかにもいくつかあります。
■撮影地別
 ○長野県カヤノ平


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.6.20 長野県カヤノ平