Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > エゾノヨツバムグラ

エゾノヨツバムグラ (蝦夷の四葉葎)
Galium kamtschaticum
var. kamtschaticum
 カヤノ平から北ドブ湿原へと向かううちに、雲のあいだから太陽が顔を出し、ブナにおおわれた樹林下にも日が差しはじめました。チシマザサの株もとに目をやると、エゾノヨツバムグラがスポットライトをあびたように群生しているのに気づきました。エゾノヨツバムグラはオオバノヨツバムグラの変種にあたり、山地に生えるヤエムグラの仲間としてはもっとも小型で、4枚ずつ葉が輪生する茎の先端に直径3mmぐらいの小さな花をつけます。
■撮影地別
 ○長野県カヤノ平
 ○長野県戸隠

クローズアップ

■群落
2004.6.20 長野県カヤノ平
              2007.6.23 長野県戸隠
Before Plant   Next Plant