Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > コウボウムギ

コウボウムギ (弘法麦)
Carex kobomugi
 コウボウムギは海岸の砂浜に群生する雌雄異株のスゲで、北海道から南西諸島にいたるまで、全国各地に広く分布しています。同じく「弘法」の名を冠するコウボウシバにくらべるとコウボウムギはずっと大きく、花序は高さ15cmくらいあって、弘法大師がその筆をふるうにはちょうどよいくらいの大きさです。筆を思わせるのは、たくさんの葯を長くのばした茶色い雄小穂で、雌小穂のほうはその名のとおり麦穂にそっくりです。湘南海岸にもたくさんあり、果実期は砂浜にできたミニサイズの麦畑のようです。
■撮影地別
 ○新潟県柏崎市(雄株)
 ○神奈川県藤沢市(雌株)

■クローズアップ

■群落
2007.5.3 新潟県柏崎市
          2007.6.9 神奈川県藤沢市
Before Plant   Next Plant