Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > コバイケイソウ

コバイケイソウ (小梅恵草)
Veratrum stamineum
 このとき霧ヶ峰の車山で見たコバイケイソウの群落は、これまで見たなかでもっともみごとなものでした。冬はスキーのゲレンデとなる斜面にそって白い花穂がいくつもならび、その近くに咲く朱色のレンゲツツジと相まって、まるでキャンバスに赤と白と緑の絵の具を塗ったように思えました。
 コバイケイソウは高山草原や高原の湿った草地に生え、ときには写真のような大群落となります。年によって規模に変動があるらしく、翌年に再訪すると花はぱらぱらといったこともよくあります。
■撮影地別
 ○長野県霧ヶ峰


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1993.6.25 長野県霧ヶ峰