Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > キバナノアツモリソウ

キバナノアツモリソウ (黄花の敦盛草)
Cypripedium guttatum var. yatabeanum
 キバナノアツモリソウは、本州中部の亜高山帯と北海道の草原に生え、種としては北半球北部に広く分布する植物です。2つある側花弁の先端がくびれ、先端が肉厚になるのが日本に分布する変種の特徴だそうです。目を引くのはその花のかたちで、唇弁は丸くふくらんでまるでコップのようです。水がたまらないかと心配になりますが、上側の背萼片が屋根のようになって、水の侵入を防いでいるのかもしれません。唇弁にある褐色の模様をよく見ると、花ごとに少しずつ異なっているのがわかります。
■撮影地別
 ○山梨県


クローズアップ

■群落
2004.7 山梨県
                2004.7 山梨県
Before Plant   Next Plant 表紙によせて「キバナノアツモリソウ」