Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヤマブキショウマ

ヤマブキショウマ (山吹升麻)
Aruncus dioicus var. tenuifolius
 ヤマブキショウマは低山から亜高山帯まで幅広く分布し、生育環境も草地や林縁、岩場などさまざなところに生える植物です。「ヤマブキ」の名は葉がヤマブキに似ていることによるのでしょうが、葉の形はさほど似てるとは思えず、つき方も大きく異なっています。この日、三方ヶ峰まで登ったあと、池ノ平の草地を散策していると、ヤマブキショウマが初夏の日ざしを浴びて花を咲かせていました。一つ一つの花はとても小さいですが、よく観察してみると、バラ科らしくちゃんと5弁花となっているのがわかります。
■撮影地別
 ○長野県三方ヶ峰


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1994.7.24 長野県三方ヶ峰