Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヤチヤナギ

ヤチヤナギ (谷地柳) Gale belgica
 5月下旬、雪が融けたばかりの尾瀬ヶ原は、ミズバショウリュウキンカが咲く水辺をのぞけば、まだまだ枯れ野が広がっています。湿原に点在する池のほとりに目をやると、まだ芽吹いていない枝の先に黄褐色の花穂をつけるヤチヤナギを見つけることができます。ヤチヤナギは木本としては水辺を好む性質が強いようで、株元が水につかって生えていることもよくあります。「柳」の名はつきますが、ヤナギとは遠縁のヤマモモ科の植物です。花が終わると明るい緑色の葉が展開してブッシュ状になります。 ■撮影地別
 ○群馬県尾瀬ヶ原


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant      1999.5.31 群馬県尾瀬ヶ原