Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ツルタチツボスミレ

ツルタチツボスミレ (蔓立壺菫)
Viola grypoceras var. rhizomata
 滋賀県・福井県の県境にある三国山に福井県側から入りました。黒河峠付近に群生するオオバキスミレの花はほとんど終わっていましたが、三国山に向かう登山道では、ツルタチツボスミレがちょうど花を咲かせていました。歩きはじめに小降りとなった雨はいったん止んだものの、三国山に着いたあたりで再び大雨となり、あわてて戻ることになりました。
 ツルタチツボスミレは日本海側に分布するタチツボスミレの変種で、匐枝状の茎で栄養繁殖する性質が強く、また花の距や葉の形に特徴があります。
■撮影地別
 ○滋賀県三国山
 ○新潟県火打山(栄養繁殖期)

■クローズアップ

■群落
2002.5.19 滋賀県三国山
          2002.8.31 新潟県火打山
Before Plant   Next Plant