Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ケイリュウタチツボスミレ

ケイリュウタチツボスミレ (渓流立坪菫) Viola grypoceras var. ripensis
 ケイリュウタチツボスミレを初めて見たのは、「日本のスミレ」(山と渓谷社)の記事を頼りにでかけた、木曽川の支流にある柿其渓谷でした。増水すると水に洗われる環境に適応して小型であることのほか、葉のつけねは切形やくさび形となり、花弁もタチツボスミレより細長いものが多いのが特徴です。各地の渓流に点々と分布し、私自身もその後、石川県内などで目にする機会がありました。現在知られている分布の東限は神奈川県で、ここではまだ未見ですが、いずれたずねてみたいと思っています。 ■撮影地別
 ○長野県南木曽町


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant      2000.4.30 長野県南木曽町