Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ツメクサ

ツメクサ (爪草)
Sagina japonica
 ツメクサというと、学生のころ、草取りで畑やあぜ道に生えているツメクサの幼苗をひっこぬいたのを思い出します。ツメクサは踏み固められた土のあぜ道でもよく発芽して、一度除草してもしばらくするとまた生えてきたものです。ツメクサの名はシロツメクサのような「詰草」ではなく、細長い葉を爪にたとえた「爪草」で、この葉は乾燥にも耐えられるよう、やや多肉質となっています。この強い生命力のおかげか、農耕地はもちろんこと、都市ではコンクリートのすきまにも普通に生えています。
■撮影地別
 ○東京都千代田区
 ○神奈川県藤沢市

クローズアップ

■群落
2003.4. 東京都千代田区
        2005.5.1 神奈川県藤沢市    2005.5.1 神奈川県藤沢市
Before Plant   Next Plant