Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > タカネスミレ

タカネスミレ (高嶺菫) Viola crassa
 タカネスミレはキバナノコマノツメが高山の砂礫地などに進出したものといい、種レベルでは広く千島やカムチャツカまで分布します。日本のタカネスミレは4つの亜種に分類され、東北地方に分布するものをせまい意味でのタカネスミレとしています。基本的にはキバナノコマノツメと似ていますが、生育環境のほか、葉に光沢がありほとんど無毛である点で異なります。秋田駒ヶ岳では「大焼砂」と呼ばれる風の強い砂礫地に群生し、梅雨のさなかに満開になって斜面は黄色に染まります。 ■撮影地別
 ○秋田県秋田駒ヶ岳


クローズアップ

■群落
     1995.6.24 秋田県秋田駒ヶ岳
 
     2005.8.16 秋田県秋田駒ヶ岳   
Before Plant   Next Plant