Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > タカネミズキ

タカネミズキ (高嶺水木)
Cornus controversa var. alpina
 この日は谷川岳の山頂を踏んだあと、西黒尾根を下りました。日射の強い岩場の登山道を半ばまで急降下し、途中からマチガ沢を下るルートをとると、樹林下を進む道となり、ヤマグワやタカネミズキが現れました。タカネミズキはミズキの変種で日本海側の多雪地に分布し、樹高が低く、母種にくらべると葉が丸いのが特徴です。ミズキといえば春に花をつける樹という印象がありますが、タカネミズキは深山に生えるだけあって7月になっても花を見ることができます。
■撮影地別
 ○群馬県谷川岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2015.7.12 群馬県谷川岳