Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヤマボウシ

ヤマボウシ (山帽子)
Benthamidia japonica
 代表的な街路樹の1つにハナミズキがあります。これは北米原産で品種改良された園芸種ですが、日本に自生する近縁種がヤマボウシです。緑が濃くなる6月ごろ、山の一部が真っ白に見えるところがあれば、近づいてみると、ヤマボウシが花をびっしりと咲かせていることに気づくでしょう。花弁のように見えるのは葉が変化した総苞片で、花はそのまんなかにあるボールのような花序に多数つき、花後は全体が丸くふくらんで直径1〜1.5cmほどの赤い集合果となり、甘くて食べることができます。
■撮影地別
 ○神奈川県箱根
 ○神奈川県箱根(淡桃色花)

クローズアップ

■群落
2016.6.12 神奈川県箱根
          2016.6.12 神奈川県箱根 2016.6.12 神奈川県箱根
Before Plant   Next Plant