Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミズキ

ミズキ (水木) Cornus controversa
 新緑が色濃くなった5月、丘陵や低山ではミズキの白い花が満開となります。高さ10m以上になる高木で、枝を横にひろげて花房をいくつもつけるため、花のころは遠くからでもミズキとすぐにわかります。水分を多く含み、枝を折ると樹液がしたたり落ちるほどであることから、この名前がついたといいます。広町緑地には、新鎌倉山側の入口の左側に広がる湿地のふちにミズキの大木があり、高さこそさほどではありませんが、枝を長く横にのばしてたくさんの花を咲かせていました。 ■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.5.2 神奈川県鎌倉市