Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > タチネコノメソウ

タチネコノメソウ (立猫の目草)
Chrysosplenium tosaense
 初めて訪ねた金剛山はネコノメソウの仲間が多く、歩きはじめてすぐにシロバナネコノメソウヤマネコノメソウが現れました。スギが植林された沢ぞいの登山道を下ったところ、見なれないネコノメソウが目につきました。花のようすはツルネコノメソウに似ていますが、走出枝、つまり「蔓」が見あたらないところから、タチネコノメソウとわかりました。関東以西の低山に生えるネコノメソウで、西日本で見る機会が多いようです。ツルネコノメソウと違って走出枝は地中をのびるので、見ただけではわかりません。
■撮影地別
 ○大阪府金剛山


クローズアップ

■群落
2007.4.21 大阪府金剛山
        2007.4.21 大阪府金剛山   
Before Plant   Next Plant