Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > スズカカンアオイ

スズカカンアオイ (鈴鹿寒葵)
Asarum kooyanum var. brachypodion
 フクジュソウミノコバイモが目的で出かけた藤原岳で、スズカカンアオイも見つかりました。カンアオイを広くみた場合、スズカカンアオイについては、狭義のカンアオイ(カントウアオイ)よりも西に当たる、静岡県から滋賀県にかけて分布する地方変種ととらえることができます。萼筒と萼裂片の長さを比べると、萼裂片のほうが長く、このため、カンアオイよりも萼裂片が大きいのが特徴です。花はカンアオイと同様、冬から咲きはじめます。名前は藤原岳もある鈴鹿山脈に由来します。
■撮影地別
 ○愛知県瀬戸市
 ○三重県いなべ市

クローズアップ

■群落
2011.4.10 愛知県瀬戸市
        2008.3.20 三重県いなべ市
Before Plant   Next Plant