Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > スミレサイシン

スミレサイシン (菫細辛) Viola vaginata
 佐渡島は雪国の山里の風景がよく残されており、多雪地の植物の観察に好適なところです。この日は両津港から 神社まで歩き、山の中に分け入っていくと、シラネアオイやスミレサイシンなどさまざまな植物がちょうど満開でした。スミレサイシンはオオバキスミレとならび、日本海側に分布する代表的なスミレで、花は大きく直径2cmあまり、ハート形の葉は夏には大きく展開して顔ぐらいの大きさになります。雪国のスミレらしく貯蔵器官として発達した根茎は、すり下ろしてトロロのように利用されるそうです。 ■撮影地別
 ○新潟県佐渡島


クローズアップ

■群落
     1994.4.30 新潟県佐渡島
 
          1994.4.30 新潟県佐渡島
Before Plant   Next Plant