Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > シロウマオウギ

シロウマオウギ (白馬黄耆)
Astragalus shiroumensis
 ゲンゲ(レンゲ)の仲間には高山を生育場所とするものも多く、本州中部の高山には3種が分布しています。これらはよく似ているのですが、タイツリオウギリシリオウギの花の色がややクリーム色がかっているのに対して、シロウマオウギは花の色が真っ白である点で区別ができます。また、萼に黒い毛が密生していることもわかりやすい特徴です。7〜8月が花期ですが、南アルプスの北岳の大樺沢は遅くまで雪渓が残るせいか、まだ満開のシロウマオウギが見られました。
■撮影地別
 ○山梨県北岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2003.9.11 山梨県北岳