Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > シモツケソウ

シモツケソウ (下野草)
Filipendula multijuga
 シモツケソウは、高原の日当たりのよい草地などに群生して生える植物で、夏のもっとも暑いころ、鮮やかな紅色の小さな花をたくさん咲かせます。その名前は、同じバラ科に木本でやはり小さな紅色の花を多数つけるシモツケがあり、これに似た花をつける草本であることによるのではないでしょうか。シモツケソウは、一部は高山まで上がることがあり、8月下旬に訪れた白山では、ミソガワソウやセリ科の植物などとともに、晩夏の高山の草原に彩りを添えていました。
■撮影地別
 ○石川県白山
 ○長野県八方尾根
 ○神奈川県箱根

クローズアップ

群落
2002.8.25 石川県白山
        2003.8.16 長野県八方尾根   2007.8.12 神奈川県箱根
Before Plant   Next Plant