Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > シモツケ

シモツケ (下野)
Spiraea japonica
 シモツケは「灌木」と呼ばれるものの一つで、1本の幹が直立するのではなく、地ぎわから細い幹がいくつものびてブッシュ状になります。このため、小型のものは一見すると草のようで、名前を調べようと野草図鑑を見ても見つからないということになりかねません。シモツケが生えるのは山地から亜高山帯にかけての日当たりのよい岩場で、夏に直径5mmほどの赤い小さな花を散房状に多数つけます。「下野」は栃木県の旧国名ですが、このあたりの特産というわけでなく、東北から九州まで分布します。
■撮影地別
 ○長野県八ヶ岳


クローズアップ

■群落
2006.8.1  長野県八ヶ岳
        2006.8.1  長野県八ヶ岳   
Before Plant   Next Plant