Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > サナエタデ

サナエタデ (早苗蓼)
Polygonum scabrum
 多くのタデは夏から秋にかけてが花期ですが、サナエタデは春から咲きはじめ、10月頃まで花を見ることができます。名前も田植えのころにはもう花が咲いていることに由来します。この仲間は葉柄のつけねにある托葉鞘の縁に毛があるかないかで、毛のあるイヌタデなどのグループと毛のないサナエタデなどのグループに分けられます。この日、広町緑地の路傍に群生していた写真の個体は、一部に毛がある托葉鞘もありましたが、全体のようすやとがった葉の先端からサナエタデと判断しました。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2003.10.12 神奈川県鎌倉市