Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オランダミミナグサ

オランダミミナグサ (阿蘭陀耳菜草)
Cerastium glomeratum
 オランダミミナグサは私たちの身近にみられる帰化植物の一つです。春になると畑や空き地など、あらゆるところで次々と白い花を咲かせ、6月頃にははやばやと枯れてしまいます。そして秋にはこぼれた種子が発芽して幼植物で越冬し、春にはまた花を咲かせます。近縁に在来のミミナグサがありますが、こちらはオランダミミナグサにおされて、今では農村部などで見かける程度です。
 自宅近くの駐車場では、車の踏みあとの周りで同じ帰化植物のオオイヌノフグリと混生していました。
■撮影地別
 ○石川県金沢市
 ○神奈川県葉山町

クローズアップ

■群落
2002.4.12  石川県金沢市
         2004.3.14 神奈川県葉山町   
Before Plant   Next Plant