Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オオマツヨイグサ

オオマツヨイグサ (大待宵草)
Oenothera erythrosepala
 マツヨイグサの仲間の一つに、やはり帰化植物のオオマツヨイグサがあります。同じようなところでも見られるメマツヨイグサにくらべると、花は直径8cmほどと大きく、草丈は逆に低くて1mほど、もとは観賞用に導入されたというのも納得できます。ただ、夕方に咲きはじめて朝にしおれるのでは、いつ鑑賞していたのでしょうか。今では都市部には少なく、むしろ自然度の高い農村の道ばたや空き地などで見られます。この写真を撮影したときも、車を走らせているとレモン色の花が目に飛びこんできました。
■撮影地別
 ○山梨県小海町

■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2003.8.17 山梨県小海町