Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オオイタドリ

オオイタドリ (大虎杖)
Reynoutria sachalinense
 オオイタドリは山地の草地や林縁に生えるイタドリの仲間で、よく見かけるのは林道わきや崩壊地などの荒地です。本来、日本海側に分布の中心がある植物ですが、「高山に咲く花」(山と渓谷社)によれば、林道の敷設により種子が運ばれて太平洋側でも見られるようになった「国内帰化植物」の側面もあるとのことです。生長すると見あげるほどの高さになりますが、それでも木本ではなくあくまで草本で、茎を割ると中は中空とわかります。八方尾根では冬はスキーのゲレンデとなる草地に群生していました。
■撮影地別
 ○長野県八方尾根


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2003.8.16 長野県八方尾根