Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物 > ナンブワチガイソウ

ナンブワチガイソウ (南部輪違草)
Pseudostellaria japonica
 ナンブワチガイソウは岩手県〜茨城県に分布し、名前の「南部」は江戸時代の南部藩の藩領、すなわち現在の青森県東部から岩手県中部あたりの地域のことで、ここに分布の中心があることに由来します。ところがどういうわけか、遠くはなれた長野県からも分布が知られており、より近いということでこちらを訪ねてみることにしました。花弁はワチガイソウヒゲネワチガイソウよりも幅が広く、花はむしろワダソウに似ています。とはいえ、知らない人が見たらハコベとまちがえてしまいそうです。
■撮影地別
 ○長野県


クローズアップ

■群落
2014.5.31 長野県
              2014.5.31 長野県 2014.5.31 長野県
Before Plant   Next Plant