Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒゲネワチガイソウ

ヒゲネワチガイソウ (髭根輪違草) Peudostellaria palibiniana
 ヒゲネワチガイソウはワチガイソウに似ていますが、花弁がより細長く、また、5〜7枚と花によって数にばらつきがあるのが特徴で、葉もより細長いものが多いようです。高さは10cmほど、茎の上部にある葉のつけねから花をのばします。名前は根が直根でなくひげ根状になることに由来します。この日は、行きなれた三ツ峠山とは御坂峠をはさんで反対にある黒岳に登り、河口湖の西側へと下りました。足元に目をやると、一瞬のぞいた太陽に向かってヒゲネワチガイソウが花を開いていました。 ■撮影地別
 ○山梨県黒岳
 ○福島県

クローズアップ

■群落
        1998.5.2 山梨県黒岳
 
           2012.4.30 福島県   
Before Plant   Next Plant