Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ムカゴユキノシタ

ムカゴユキノシタ (零余子雪の下)
Saxifraga cernua
 ムカゴユキノシタは、日本の高山に生えるユキノシタの仲間でももっとも特殊な種類の一つです。北極をかこむようにして寒帯に広く分布しますが、日本でみられるのは南アルプスの北岳などごく一部の山に限られます。増殖方法はもっぱら葉のつけねにつく「むかご」による栄養繁殖で、先端につく白い花は種子ができない「徒花」(あだばな)です。地表に落ちたむかごは翌年の春に芽吹いて生長します。北岳では、山頂付近の草地で岩にかくれるようにして生えています。
■撮影地別
 ○山梨県北岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.7.4 山梨県北岳